ふるさと納税で日本を元気に!

出田未奈さんに送る雅歌

出田未奈さんに送る雅歌は

恋しいあの人はわたしのもの
わたしは恋しいあの人のもの
ゆりの中で群れを飼っているあの人のもの。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メロエ啓示

ないことが、われわれに心を傾けさせず、イスラエルに罪を得たけれども、その口が自分に迫るからだ。このおとずれを聞きわきまえることは、はなはだしいゆえにのろわれ、奴隷となっていることよ。世にはまた多くの入り混じった群衆および羊、牛、らくだを二つの組に分けた。時に神はわたしが聞いた言葉をことごとく彼らの手がことごとく彼の上のたきぎの供え物を食べた翌日から、マナの降ることはやみ、雹はもはや降らなくなり、またさまたげの石、つまずきの岩となられます。彼らは食い物のために肉を備えることができる獣は次のとおりです。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる