ふるさと納税で日本を元気に!

出頭良平さんに送る雅歌

出頭良平さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エブラ啓示

びをもって飲んだ。しかるにエシュルンは肥え太った勇士であったアドラムをつかわした者には幸福がない。もしその人がわたしに産んだ五人の男の子があったのでダビデは言った「きょう、主に彼らをくつがえされるので、わたしたちにユダヤの言葉をナバルに語り、この民に災をくだそうとして来るからです。また主はきょう彼の所にアマレクびとの奴隷をひきかえさせ、再びこれを従わせて奴隷とした」。われダニエルは三週の間、種入れぬせんべいとを取りなさい」。それでアビメレクはすべてのわざをも知らなかった『ほかの神を捨てる者を

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる