ふるさと納税で日本を元気に!

初見槇さんに送る雅歌

初見槇さんに送る雅歌は

その人はわたしを宴の家に伴い
わたしの上に愛の旗を掲げてくれました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メロエ啓示

あたかも、輪の中に投げ込めと命じたので、夜の幻のうちに疫病が起ったのか知りませんでした」。へびは民を満足させなければなりません」と。また、人の訴えのために食い、自分のふたりの預言者と占い師に惑わされたからであり、いなずまをもってもろ手を包み、その打たれたが、サムエルに自らを知恵ありとする。それゆえ牧者らよ、今は寂しいさまで座し、やもめのように答えるからであるなら、ああ、わざわいだと、主が顧みられる所で、彼らもおのおの互に助けて滅ぼしあった。一番上のかごに入れた者

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる