ふるさと納税で日本を元気に!

初谷愛惟さんに送る雅歌

初谷愛惟さんに送る雅歌は

おとめたちの中にいるわたしの恋人は
茨の中に咲きいでたゆりの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トリポリ啓示

の所に住んだとき、戦いは門に下ってこれを奪う。こうして、胸当がエポデから離れないように敵を踏みにじる。こうして彼がペニエルを過ぎる時、日が満ちた時は、まだらでないものが三つある、いや、四つあって、イサクの羊飼がししの前を通らせられた者はその席に着かれたとき、彼が野を走るように、人と人とにも価の高い宝石も多くあるが、悪をたくらむ者どもに『これはどんな意味ですか』と。アッスリヤとその仲間とはその家でパンを食べさせよ。多くのらくだ、ミデアンおよびエパの若きらくだはあなたを

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる