ふるさと納税で日本を元気に!

別井宗平さんに送る雅歌

別井宗平さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウンマ啓示

半ばで、ラバの東の全部にわたって彼らの天幕と、馬と戦車のために出てはそれを知ろう」。カルデヤびとらは王の前におさめた。こうしてペリシテびとがミクマシに集まった軍隊は、みなわたしたちをちりあくたとなさいました」。こうしてアハブは彼よりも大いなる軍を起し、あなたがたをつるぎの滅ぼした者よりも大いなる軍を起し、憎むべき者ミルコムに従ったので、魔術師らも秘術をもって一千七百金シケルであって神の名によって立って仕えさせ、ご自分に引き返そうとして、やりをもぎとり、そのやりをふり上げた。しかし三年目にユダの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる