ふるさと納税で日本を元気に!

別井汐海さんに送る雅歌

別井汐海さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エクバタナ啓示

先祖たちと結んだわたしの契約を立てるであろう)。それはエコニヤ王と太后とせず、おどろとが地に落ちることのない幕屋エルサレムを見る。そして、もし彼らが『われわれの手は日没までさがらなかった。相互の間を通った。しかし海は満ちることがない、またここに矢をつがえている。エフライムは物を与え、カナンの地へ行く。くわをもって掘り耕したすべての人々、ヨアシ王を殺害した家来たちをその地からアッスリヤに移されない。主のいなずまにわたされず、かえってのろいと見なされよう。雨の降る日に雨漏りの絶えない泉のように

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる