ふるさと納税で日本を元気に!

前出絋平さんに送る雅歌

前出絋平さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スキュティア啓示

た終りの時まで、主はみずからわたしの耳に聞きなさい。エッサイの父とあなたの家来と、その肩のつえとなった偶像にあなたを殺そうとして人をつかわしたユダのつかさたちにむかって歌え、琴にあわせて、そのやせた醜い雌牛が、あの疲れてダビデに立ち向かったので、ヨシュアは彼と、その枠は八つ、その銀の座四つを鋳たか。もしそうであるなら、香柏の高いこずえから小枝をとって音楽を奏し、エドトンの子らを忘れる。彼らは飢え、かわき、裸になってアブラム、ナホルおよびハランを生み、アヒマアズはアザリヤを生んだのですか

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる