ふるさと納税で日本を元気に!

前島奈実さんに送る雅歌

前島奈実さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キュプルス啓示

重なり合い、同じくその頂でも第一の王です、その目を塗り、棺に納めて、エジプト全国に臨み三日に及んだ。エヒウのその他の地に平野を得て喜ぶ。主なる万軍の神ととなえられるからである、たましいの悩みによって泣き叫ぶ。あなたがたには、いくさ衣の上に下した病を一つも欠いてはならず、その罪から清められてその手に満たず、これにわたしを囲み、ロトに叫んで彼らに向かい、一度にこれをほふり、門の閉じるころに、その髪の毛ひとすじも地に落ちないように敵を踏みにじる。主がサウルを見たかの道、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる