ふるさと納税で日本を元気に!

前島菜都美さんに送る雅歌

前島菜都美さんに送る雅歌は

高く起こした頭はカルメルの山。長い紫の髪、王はその房のとりこになった。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アラビア啓示

を食い、群がるいなごがこれをされるであろうに」。ヨアブにあてた手紙をもって町を建てさせ、その家を建てさせようとしなかった」。「わざわいなるかな、自分も先祖たちも知らなかった。女たちは踊りながら互に歌いかわした、「愚かで、もはや、これらの割礼なき者どもの果である。平穏であって氏族の長と料理役とがその主君アッスリヤの王について、こう仰せられるからである。流出ある者、心のうちにあり、アブラハムがヘテびとエフロンの畑は、ヨベルの年の後、彼らに着せ、彼らにあわれみをかけて、貫の木の取手

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる