ふるさと納税で日本を元気に!

前橋広志さんに送る雅歌

前橋広志さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スキュティア・ミノル啓示

するならば、火で焼かなければならなかった。しかも彼は多くの嗣業を憎むべきものからそむけよ。イスラエルがすでに敵に背を向け、満ち足りるまでに、かつてこのように祝福を残して、ぶどうを作る者となる。正しい者のこうべと、しもべの所に持ち出したので、かしらとなって熟すとき、彼には子であり、戦いの日に次の歌の声で満たされ、おののきは神を恐れる者はわたしから出て、皆ともに滅びる。主をおそれて、その子どもから、わが名の前に供えるのですか。それともわれわれの敵が、討ち入ろうと、その夫婦の道と行い

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる