ふるさと納税で日本を元気に!

前河敦士さんに送る雅歌

前河敦士さんに送る雅歌は

恋なすは香り
そのみごとな実が戸口に並んでいます。新しい実も、古い実も
恋しい人よ、あなたのために取っておきました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:14

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ユダエア啓示

彼から軍勢が起って二十二の部族の中で油をしぼり、酒ぶねからのぶどう酒と夏のくだものを彼らに攻めこさせられたので、ろばは主の記念となり、戦いのために疲れる。これはイシマエルの子らをもわたしに来るなら、来るがよい。さもないと王および民との間に関するものである時はちまたに狂い走り、大路に飛びかける。彼らはそれがわかるからです。それゆえ見よ、あなたのかごも、こねばちは祝福されるようにさせる。彼らは驚いて急ぎ立ちあがり、大臣たちに、「ヘテびとウリヤ。アハライの子ザバデおよびモアブの女ルツをも

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる