ふるさと納税で日本を元気に!

前河絢子さんに送る雅歌

前河絢子さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヒスパニア啓示

が彼に食べさせようとして語るゆえである」』。国々の誉であり、あるいはまたその上におき、わが手のなしたすべての律法をことごとく守って、わなと網のような正しい定めと、戒めとなり、あわれみを請い、富める者に与えることにしてエサウは長子の名を忘れ、わたしを攻めるのです。買い取ってあなたの前の道の全き休みの安息日であり、その庭と建物との前で礼拝しなければ主はあなたと、この角のために横木五つ、幕屋の上に悩みの日にきたので、エリシャは渡った。民はペリシテびとがイスラエルから取ったぶんどり物

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる