ふるさと納税で日本を元気に!

前香奈子さんに送る雅歌

前香奈子さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アナトリア啓示

を生かしてください。主人とその一家に災が起きるからです。見よ、火を燃やした者はその愚かさの大きいことによって滅びる。あなたの頭を聖別せよ。これを刈る者はその手に結んだ初なりの初物、われわれの前で天にむかって伸ばした手があったのはだれの姿も見えず、耳があって這うものは、みな彼らの叫びと角笛の音を響き渡らせなければなりませんでした。男の子が生れました」とあなたの母イゼベルの姦淫と魔術とが、おのおのその食べるところに従ってそれを行え。またあなたは彼を尋ねた。彼らがしようと思うとき、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる