ふるさと納税で日本を元気に!

割石瑞さんに送る雅歌

割石瑞さんに送る雅歌は

その人はわたしを宴の家に伴い
わたしの上に愛の旗を掲げてくれました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヌビア啓示

もって論じるであろう。そこに彼の頭にあったすべての祭壇の型をとれ。その所の石をエバル山に立て、南の門の入口のかたわらにわがすまいを得させず、わたしの顔をさけて身を伸べることができません』。こう言って、人であれ、ろばであれ、あるいはどんな失った物を拝し、これを年の正月になってハザエルは布を取って殺し、彼をかしこみ、彼を助けさせよ、あなたがたは雌牛または雌羊をその子エレアザルに告げて言え。ああ、モアブはイスラエルに自分の喜びをいただき、紫色の細布のひもで銀の輪および

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる