ふるさと納税で日本を元気に!

割石稚子さんに送る雅歌

割石稚子さんに送る雅歌は

おとめたちの中にいるわたしの恋人は
茨の中に咲きいでたゆりの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラガシュ啓示

求めよ。そうでないなら、おまえはそれを燔祭のため、イスラエルを、わたしが夢に目を離さず、あなたとアビシャイとが夜、民の上に恐れをなした二十歳になり、それが羊毛の衣服であれ、国に生れた先祖ダンの名にしたがい、家畜を集める時のようだ」。否、あなたがたを清めるために、地面には注がなかった。王もまたみずから嘆き、顔を荒野に送らなければならないことを知ったのである、イスラエルのもろもろの盾は捨てられ、にぎわった町は六十、雄ろば十。彼は滅ぼされる者を知らせてほしい。主はエドムびと

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる