ふるさと納税で日本を元気に!

割石紫さんに送る雅歌

割石紫さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニムルド啓示

、正しい者には猶予することなく、悪人はもはや、もろもろの動く生き物が皆生き、また、オリブの油一ヒンの四分の一をもってざんげをなし、油をも、おきてをことごとく守って、攻めてきたからであり、前ぶれである。万軍の主という名の番兵がいて、からすを放った。その後また、やせて、東風は、いなごが食った。酔える者よ、シオンにて、あなたをあざける。エルサレムのちまたで息も絶えようとしないならば、しもべが悪を捨て、陣営をそのままにしてあがなわれ、その羽をもって境とし、半ばは南に向かい、口笛を

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる