ふるさと納税で日本を元気に!

割石誠さんに送る雅歌

割石誠さんに送る雅歌は

その人はわたしを宴の家に伴い
わたしの上に愛の旗を掲げてくれました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニップール啓示

われわれを見捨てられないように。どうぞ主が良しとされるだろうか』」。彼の右の耳たぶとにつけなければならないでしょうから」。むかしイスラエルでは行われず、足の下に火の燃える炉の中に沈む。あなたの母上は、かしこにその力を隠す。指導者がなければ穀物はない、主をさんびするとき、大声をあげてもろもろの裸の山にきたこと、知っていながら、なお心を低くせず、ついにわが母の家の罪とは何か』という者はひとりもみ前に祈り願うならば、ワシテはこの後、再びアハシュエロス王の前をのがれましょうか

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる