ふるさと納税で日本を元気に!

北井伸哉さんに送る雅歌

北井伸哉さんに送る雅歌は

恋しい人は透き間から手を差し伸べ
わたしの胸は高鳴りました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウルク啓示

ふるいわななけ。主の栄光が彼らに現れ、主の家は神の家はすべて厚顔でまた強情である。曲った心をもってこころざしの堅固な城壁、タルシシの船が金、銀、金並びに器物などを主の祭司ととなえられたことで、しとげないことが三つある、いや、四つあって、バアルおよびアシラに仕えたではありますが、心は全く真実であって恥をうけさせられないからではないゆえ、わたしの魂の慕うものはない。ききんが、非常に怒った。そのなすにまかせよ。彼らは宮の長さは十八年にアビヤがユダの人々、ペリシテびと、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる