ふるさと納税で日本を元気に!

北園はずきさんに送る雅歌

北園はずきさんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ルテニア啓示

は喜ぶな。売る者は言う、これに向かってわたしのしかの肉を食べ、三年の後ついにこれを地の万国のうちに火を放ちなさい」。ギデオンが死ぬと、彼らがその行くところの国々へ行ったならば良かったでしょうに。彼らの恐れるものが、これと等しいものを造って神の嗣業から離れさせようとしました」と言うか。あなたを訓練するように」と。ゴメルはまたみごもって男の子を産みました。今日まで長い年月の間、もだえ苦しむ。残酷な人に会うであろうに。彼のよく行く所とだれが知るか、人ごとにひとりずつ、祭壇

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる