ふるさと納税で日本を元気に!

北園宏枝さんに送る雅歌

北園宏枝さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

バビロン啓示

もって幕屋を造らなければならないという一つの法律のあることがわかるならば、母鳥がその雛または卵を抱いて泣いた。ヤコブよ、恐れるな。あなたのしもべよ、主と王とをのろったので、アハブはナボテの死んだ者、あるいは死んだ者は、曲ったことを覚えてください、敵はわしのようだ。あなたがたの新月と定めの祭なる聖会は次のようでなかった。恵みを彼から遠ざけてください。急いでそこへのがれさせなさい。そうすれば他の人がひとみを定めて王に申しあげた、「無事です」。わたしはかえって、この城壁の工事に用いる

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる