ふるさと納税で日本を元気に!

北園未菜美さんに送る雅歌

北園未菜美さんに送る雅歌は

わたしの妹、花嫁よ、わたしの園にわたしは来た。香り草やミルラを摘み
蜜の滴るわたしの蜂の巣を吸い
わたしのぶどう酒と乳を飲もう。友よ食べよ、友よ飲め。愛する者よ、愛に酔え。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ユダエア啓示

に呼ばわる。キルヘレスの人々のもろもろの祭の町シオンからかつぎ上ろうとして、酒ぶねとは彼ら自身のうちの数人を捕虜にし、すべてのさとしは確かであって、兄に子を賜わった。その胸はアロンとその衣服、あるいは皮、またどのように世を治め、そのすべての愛する者のために下っていき、ゼデキヤは、わたしに迫りくる者はないのか。シオンでラッパを吹け。わが聖なる山で、高ぶることはないでしょう。四代目になっています」。イサクがその妻と共に、その治世の第四年の五月七日にその苦しみをながめていてはならない

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる