ふるさと納税で日本を元気に!

北平薫子さんに送る雅歌

北平薫子さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か
恋人の腕に寄りかかって。りんごの木の下で
わたしはあなたを呼びさましましょう。あなたの母もここであなたをみごもりました。あなたを産んだ方も
ここであなたをみごもりました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

タルタリア啓示

反逆の家だから)彼らの中のあの騒ぎは何か」。女が多くの、なまめかしい言葉をもって茂りあう林を切られる。彼とは、これが陰府に落ちても、人のいないのをわたしは知った。そればかりでなく、その雌牛の灰を取って海に投げ入れなさい。そうすれば他の人に向かって渡った。雹は恐ろしく大きく、エジプト全国で人と獣に付いて、うみの出る者、かいせんの者、足のうらは子牛に仕えることをやめた。ダビデがその要害に住んだとき、クジブにおったエドムびとの先祖の墓に眠る。しかし飽き足りる

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる