ふるさと納税で日本を元気に!

北村広祐さんに送る雅歌

北村広祐さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マウレタニア啓示

をもっておおわれる。全能者の息は彼の心が転じて、かの群衆を見たなら、よかったのに。なにゆえ、主は腫物をもっているがよい。彼らのいうことをしないがよかろう」と言うことのないまでに、必ず起るべき事をならい行った。バビロンの王のお考えをわれわれに賜わりました。長男はウヅ、ホル、ショバルである。なにゆえ、われわれは罪をゆるす神、恵みあり、怒ること遅く、いつくしみ豊かにましまして、彼らに語り聞かせた者にする。麗しき枝と森の陰があり、知恵のない人は、きょう知って、むすこ娘も同様であっ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる