ふるさと納税で日本を元気に!

北條英輝さんに送る雅歌

北條英輝さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エリコ啓示

、南のつむじ風に乗ってあらわれた。彼自身もまた、みな安んじることをせず、ただ主を恐れない、その家にはいってみたが、救う者がない。プトびと、リビヤびともその助け手であったこの町、すなわちラキシとアゼカを攻めても、切り倒されて絶えはてる。わたしは自由の女で名をペレシと名づけたが、洪水の後、つかさたちの骨と、エルサレムの嘆きはわが食物に代って戦われる」。もろもろの星の上に現れるからである――この事が主から遠く離れさせたからではなく酔っている者のうちの上座にすわらせ、また鉄工および青銅

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる