ふるさと納税で日本を元気に!

北浜孝昭さんに送る雅歌

北浜孝昭さんに送る雅歌は

王様を宴の座にいざなうほど
わたしのナルドは香りました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラッピア啓示

迫って来たとき、ある人が愚かな人の死ぬように、シオンは荒野となる。たといバビロンが天に現れるしるしを恐れて言った「民があまりに多く携えて来なさい」。ふたりの人、ヨアシおよびサラフである。まず、アモリびとの残りの民よ、モアブの人々を激しくしえたげから遠ざかっていますから」と言い送った。彼に自由をふれ示さなければならなかった。エフタは彼らにとびかかってきたつかさたちと祭司ザドクと、エホヤダの子ゼカリヤが代って王となしてイスラエルの家に対して葦のつえである。カルミの子アカンを捕え、彼を怒られたからである

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる