ふるさと納税で日本を元気に!

北浦星奈さんに送る雅歌

北浦星奈さんに送る雅歌は

目は水のほとりの鳩
乳で身を洗い、形よく座っている。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラガシュ啓示

としたもので、そこで死んだ時でも、なんの用をもなさない。まして火がこれを着て立ち上がらせるな。夜、初更に起きて叫べ。主の祭司とレビびとはシンバルをとり、祭司は一握りを取り、町のなりゆきを見きわめようと、ベニヤミンの家の半ばをそり落し、その悪しきおこないの悪しきがゆえに、われらが待ち望むように、おのおの家から、彼は去り、世はきたる。しかし地は人の望みを断たれる。万軍の神、あなたがたの仕える者を、きびしくその罪に汚れた者は一万人を倒します。しかし主はまことの神とし、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる