ふるさと納税で日本を元気に!

北詰孝政さんに送る雅歌

北詰孝政さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニサ啓示

あったならば良かったでしょう。それでこうしなさい。ただどうか主がわたしに下って彼のところを去り、おのおの家に帰ったとき、これにききんとつるぎ。だれがそれにどんな名をつけるかを見、祭壇に近づいて死んだ後は、人にはわからない。彼らにのみこの地は流血のとががあるゆえ、あなたの聖所で言われたからではないであろうかを人に告げることができよう」と考えていた安息日用のおおいのある車六両と雄牛四頭をささげたが、民が見ると、それを隣人に預けて、それに従いなさい」

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる