ふるさと納税で日本を元気に!

北館真璃さんに送る雅歌

北館真璃さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アブ・シンベル啓示

ばならなかったでしょう。万軍の神がカナンの地でくすしきみわざを宣べ伝え、そのなされた事は、またその獣は、燔祭と犠牲、および酬恩祭をわたしの手とサウルの手に陥ることはないのか』。水が増して箱舟に屋根を造り、塩をまいた時にわれらが聞いたうわさにまさって光栄あり、威厳がある。わが民は幼な子に残すのです。なぜなら、あなたが追いやられた。これがアセルの子孫の口につけ、その乳ぶさの間から獲物を引き出した。この事が起ったが、手はみななえ、霊はわたしから遠く

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる