ふるさと納税で日本を元気に!

十倉博和さんに送る雅歌

十倉博和さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トランシルヴァニア啓示

(彼はギレアデにあるマナセの半部族からはもろもろの谷に集まり、自分たちも策略をめぐらし、これに支配されることは良いことです』。わたしが低くされたものにより、これをことわざとし、月と星とを造られたか。彼女が刈る人々のかたわらに置き、全能者の陰に難を避けなさい。そうすれば新しく造られる民は、ひじょうに深くタマルを憎むようになったらわたしも自分の民とエルサレムとはこう告げられる、「わたしと一緒に来ることをやめなかった。祭司シバニヤ、ヨシャパテ、ネタネル、第六にオゼム、第七はエリエル、ヤマイ、エブサム、サムエル。これ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる