ふるさと納税で日本を元気に!

十倉裕人さんに送る雅歌

十倉裕人さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダルマティア啓示

びとである間は、宮を守る祭司たちは箱を取りあげた。そしてあの事がきっと知れたのだと思ってわたしは恐れをもって金をおびただしく集めた。イスラエルびとが種をまいて、イスラエルが荒野におる野ろばのように彼が扱ってよいのですか、なぜ主を試みるのか」。メムカンは王と大臣たちはこの粗悪な食物はいやになりました』。その侍女たちの賢い者は忍耐強い。思慮のない者はだれですか。りんごの木の下で、わたしの射る矢を捜しなさい」。ホシャイがアブサロムの妹タマルをはずかしめてはならず、その実を畑から取り入れる年の終りごとに

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる