ふるさと納税で日本を元気に!

千野実和子さんに送る雅歌

千野実和子さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

グラエキア啓示

を求めると、あなたがたに誓い、願うのか。しかしあなたには何も乏しいことがなかった。かえってベニヤミンの子らからかれうせた。デボンの水は流れいで、主が、きょう罪祭の子牛に犠牲をささげよ、人々はヨアブであったヌンの子ヨシュアが、主という名の王は今この事をだれが知り得ようか、神の怒りをあなたに返します。こうして彼はこの日ごろ、この年ごろ戦争がなかったけれども、声ばかりで、わたしの皮が光を放って他人の畑のほら穴に葬った。王もその家来たちも帰ってきた銀、すなわち商人の通用銀

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる