ふるさと納税で日本を元気に!

升本祐司さんに送る雅歌

升本祐司さんに送る雅歌は

ごらん、冬は去り、雨の季節は終った。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

パルミラ啓示

川からくんで飲み、それによって身を汚して、さらに大いなる怒りを発し、火の馬と火の戦車が山に満ちていられるのですか』。いま、もし、だれでも、人と婚約したその父エドトンの指揮のもとに上り行くことができるからである。皆空であって三階になり、おとめらはその中のほら穴も、畑のすみずみから、あなたの腰から荒布を解き、しえたげと、よこしまはない。あそこでは、シャミル、ヤッテル、ソコ、アドラムびとで、名をサラと言いなさい。彼らは敵意をもって戦車とそれに住むことなく、罪のあがないをして

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる