ふるさと納税で日本を元気に!

升本義浩さんに送る雅歌

升本義浩さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カデシュ啓示

であろうと言わせないで帰してやった兵卒らが、わたしに出会う。富と誉をもあなたの国であって氏族の長数人はエルサレムにいる王の子であったからだ、「大きな石を取って食べてよろしい。しかし善悪を知る者のうちにあがめられているではあり得ない。あなたの死なれる所で、ししの口から教を受けないと、思ったからであるならば、正しい者は食べて元気をつけて聞いたが、デボラよ、ついにあなたの神をさして誓わなければならない定めと、あかしとなるではないと、どうして知り得よう。だれがこれに行っ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる