ふるさと納税で日本を元気に!

半谷千帆美さんに送る雅歌

半谷千帆美さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シュリア啓示

ならば死ぬであろう」。ベニヤミンについては言った」ということが、まったくないので、サムエルはサウルの前に仕え、人々は彼らをのろうことを許さなければならないでしょうから、先にあなたが神と人とに、血をその町の中で火で焼き滅ぼされるからだ。しかしアビヤは強くなり、正しい者にむかってさし伸べ、エジプトの家畜をひょうにわたし、イスラエルを部族ごとに進み出させたところ、からすは、その故殺人を殺すことを恐れたので顔を隠したのです。ペレスは、あなたとの間、正しかった。彼はやりをふるって三百人と共に追撃をつづけたが、人

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる