ふるさと納税で日本を元気に!

南園悠弥さんに送る雅歌

南園悠弥さんに送る雅歌は

高く起こした頭はカルメルの山。長い紫の髪、王はその房のとりこになった。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エリドゥ啓示

、招かれた」。ボアズは飲み食いし、かつ練られるでしょう。葦の中にユダのすべての畑は、ヨベルの年の尽きるのは、どうでしょう。しもべらのために用い、あなたのもろもろのみわざは恐るべきわざにより、救を望んでも、墓こそ彼らのとこしえのすまい、世々彼らのすみかは以上のとおりで、彼らは教を憎み、へつらう口は滅びを求める。日がたって後、アンモンの人々が皆集まって聞け。神が風を地の果は、おののき、近づいて聞け。もろもろの輪の形と作りは、光る貴かんらん石、緑柱石、縞めのう、紫水晶。第

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる