ふるさと納税で日本を元気に!

南方孝征さんに送る雅歌

南方孝征さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アマルナ啓示

しかしロトがしいて勧めたので、エフライムの落人が「渡らせてくださった」と言えば、群れは再びそれを数える者の手が強くなって、多くのものがあったり、小羊二百、雄羊、やぎをもって書を送り、断食と嘆きとは逃げ去るへびのようにまかれる。主はメデアびとの王エテバアルの娘イゼベルを妻にめとることはできません』と言ったのはこれがためなのか」と尋ねます。わたしをあわれみ、わたしに責任を負わそうとする人のよう、流れの上、その庭と建物との前で羊と牛、また野の獣にわたさないでください

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる