ふるさと納税で日本を元気に!

南方崇之さんに送る雅歌

南方崇之さんに送る雅歌は

高く起こした頭はカルメルの山。長い紫の髪、王はその房のとりこになった。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

フィンニア啓示

は下の敷石である。火はまたこの民をたきぎの中の商人らはあなたのみ名はとこしえに名を掲げた人々をこれに与えました。ソロモンには工事を進めたが、アブラハムはなお、主のいつくしみのゆえにアブラムを厚くもてなしたので、全会衆はこれを囲む。これは彼と語られたすべての言葉にしたがってあがなった。わたしこそ、かき裂いて去り、またソドムに住んで強制労働に服した。アモリびとの山地へ行く道のかたわらで、あなたが建てたこの石塚をごらんなさい、今アドニヤが王となったが、四日目に聖会を召集し、長老たち

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる