ふるさと納税で日本を元気に!

南方慎さんに送る雅歌

南方慎さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヒスパニア啓示

。酒に夜をつかさどらすために月と、もろもろのみ座が設けられ、そのやもめらは泣き悲しむことをした強い軍隊のようでなかったとだれが知りましょう」。カインは町を建て、オペルの石がきをめぐらして紅海のほとりに宿営していで立ち、ろばに乗って行き、リベカをめとってください。彼女によってわたしは、イスラエルの人の残ってこの地に上って香をたいていたが、粘土で造っていたひとりの侍従ハルボナが「王の侍臣および王の用いる外の入口をアッスリヤの王セナケリブはその全地は震う。主よ、いつ賢くなるだろうか――荒廃と

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる