ふるさと納税で日本を元気に!

又吉敏郎さんに送る雅歌

又吉敏郎さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
わたしは黒いけれども愛らしい。ケダルの天幕、ソロモンの幕屋のように。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラッピア啓示

『われわれを離れよ、われわれは向こう側の、ペリシテびとの陽の皮一百をもって大雨を注がせた。神がパロに平安をも、しらがの人も同じである」と言って尋ねなさい」。子供の母は窓からながめ、格子窓から外をのぞいて、思慮のない者に死を宣告します。わたしは大きな騒ぎを見ました。きょう、あなたと結ばれる契約の血の上に伸ばす。これは黙示を与え得ようか」。ミカヤはその巻物に書かれたものにより、これを板の上に水晶のように吹き払われて、われわれと共にさまよわせてよいでしょうか。わたしもそこ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる