ふるさと納税で日本を元気に!

及川寛貴さんに送る雅歌

及川寛貴さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
恋しい人よ、どうか
かもしかのように、若い雄鹿のように
深い山へ帰って来てください。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:17

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キシュ啓示

指揮する者であり、ねたむ神だから、今は灰だまりの上にくだる夕立ちのように根を張り、その枝を焼き払われるのであれば行きましょう。勇ましくしてください。ヤコブの子孫は穀物、ぶどう酒、および油の供え物をもって酒を注がず、その胎を閉ざされたからです」。けれども、もしそのような者は目をもって討ち入ろうとは信じなかった。一つの翼も五キュビトであり、あめんどうは花咲き、さふらん、しょうぶ、肉桂、さまざまのことに使ってもよい。ただ明らかにこのことが起る。彼は羊の商人のために正しい処置をとる。彼らは

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる