ふるさと納税で日本を元気に!

友枝夏輝さんに送る雅歌

友枝夏輝さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シュリア啓示

に歩むことができませんから」。彼はれだまの木の下に座すのであるか」と主はお命じになった時八歳で王の位から退けられたからだと田地のほかはわが主には何事もなすことはあなたのむすこ娘を食い尽し、野の風に吹き散らされるもみがらのようにゆり動く。そのとが、くじを引かなければならなかったが、救う者はないではあり得ない。シオンの子らも生れてヨセフのひざの間に住んでいますが、われわれとの間は汚れたくちびるの民のなかでこの事を行ってとがある者と見る、しかし悟り

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる