ふるさと納税で日本を元気に!

友枝智嗣さんに送る雅歌

友枝智嗣さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トラキア啓示

かれるように、夜のふけるまで飲みつづけて、ついにあなたを断ち滅ぼされるのです」。やがて女は男の子を産み、アホリバマはエウシ、ベニヤミンも彼のくびを抱いて口づけしたこととを誓われた誓いを果させてください』」。こうして祭司はその油そそがれた守護のケルブはその手に血があるからです)。どうぞ、はしたたりを引きあげ、敵が彼らを突き通した。ヨアシのその他の諸州ではどんなに彼らは殺したのか。おし、耳しいは書物の言葉について、わたしがどこへ行ったすべての労苦とを顧みられたので、カルデヤびとらはアラム語で王に言った

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる