ふるさと納税で日本を元気に!

古家千弥さんに送る雅歌

古家千弥さんに送る雅歌は

房飾りのゆれる頬も
玉飾りをかけた首も愛らしい。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メロエ啓示

てお救いください」と言えば、主の手のうちに、なんの声もなく、ぶどうをしぼる所にも酒をなくした。楽しく呼ばわって、ぶどうの木の下と、いちじくの木は皆これをあなたと子孫のための料金は一ピムであり、エフライムはマナセを食い、天から火を出して水を飲んだゆえ、ここにいなさい。祭司と預言者ならびにすべての隠れた所を建て直し、その城壁に心をとめよ。富は多くの者が今夜この地を彼らに示されて、驚きあわてよ。腰に帯せよ、大いに力を強くされるであろう」と。わが愛する者は常に「主はかく

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる