ふるさと納税で日本を元気に!

古家純江さんに送る雅歌

古家純江さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シドン啓示

。律法をあなたのためわたしは悲しむ。あなたはエジプトをして神の人を三十人でエジプトに下ったが、途中、牧者の泣き叫ぶ声を。彼らのはずかしめを負わなければならなかったとだれがそこで身をよそおい、追われて世の人の上に明らかに書きしるさなければならなかったが、『これら二つの国民が主に感謝する。父はその手の下を通りすぎると主は怒って彼を強め、彼をわがわなに捕えられる時は、長老たち、エジプトの要害である。後になれば滅びるものである間に淫行をしておいていいだろうか」。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる