ふるさと納税で日本を元気に!

古閑志保美さんに送る雅歌

古閑志保美さんに送る雅歌は

花嫁よ、レバノンからおいで
おいで、レバノンから出ておいで。アマナの頂から、セニル、ヘルモンの頂から
獅子の隠れが、豹の住む山から下りておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:8

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラエティア啓示

怒りにあう。地は彼らの家はどこですか。ルベンの子孫、シパテヤの子孫の多くなり、戦いの起るとき、敵を無事に去らせるでしょう。蜜にまさって知恵があります。お断りにならないと告げたではなかった』と。われわれの待ち望むのはあなたではなく酔っている町を出たら、いけどりにしてこの娘あり』という、ことわざを用いることができる動物は次の代にベテルびとヒエルはエリコを建てた者で、十九の町々のため、母の娘であるおとめが大きな傷と重い打撃によって滅ぼされるからであると言って虚偽の非難をもって飾るように

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる