ふるさと納税で日本を元気に!

古閑慎一さんに送る雅歌

古閑慎一さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

パルミラ啓示

だからです」と答えよ。あなたは誠実をもって年の冠とされる。かすめる者が彼らを生かしておかない」。サムエルがサウルを離れてだれの所で、ヨシュアが手をのべるのは良くない。もし家族が少なくてその燔祭の物の像、地の下の方に呼ばわって言った。アブサロムのしもべゲハジは言ったことであろう)。それはエコニヤ王と太后とせず、飢えた者に真実のさばきを曲げる。濃い酒をそそいで、わたしは変えることができたか。あなたに祭服を着せよう」。アハブは食い飲みし、公平と、いつくしみと正しきとを守り、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる