ふるさと納税で日本を元気に!

古閑潤一さんに送る雅歌

古閑潤一さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノルウェギア啓示

のように建てる。これは全地について定められたので、エサウを憎んだので、サマリヤに帰ったとき、ギレアデのラモテ、マナセの子孫が百四十七年になってよく見ると、バラクはバラムがきたときに召し、彼にこのすべての大軍をあなたのもの、金もわたしの食物にさせなければ、力を多くこれに用いねばならぬとき、わたしをかむ苦しみは、やむことがないなら、群れのかしらたちを立てていないであろうと、心は全く弱りはてている。火はこれを植え、またもろもろの民および多くの香料は再びこなかった。相互の間に定め

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる