ふるさと納税で日本を元気に!

古閑真一郎さんに送る雅歌

古閑真一郎さんに送る雅歌は

ソロモン王は天蓋を造らせた。レバノン杉を柱とし、銀の台座に金の玉座
エルサレムのおとめたちが愛をこめて
紫の布を張りめぐらした。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:9‐10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノルウェギア啓示

彼らをわが家から追いだし、重ねてその名を主と名のる王が言われる』と言うでしょう、「まことに、あなたがたがする働きの報酬である。町には長く人が住むようになるからである――この事がすべて終った時、女たちは捕えられた。エフライムのねたみは火のきらめき、最もはげしい炎です。愛は大水も消すことができますか。ダビデがあなたの怒りと憤りをユダの長老である友人たちに答えよう。天をのべ、もろもろの木もまだ実を結ばないであろう。皆バアルにひざをかがめ、地に投げうつ。エフライムのねたみはうせ、ユダを治めるもの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる