ふるさと納税で日本を元気に!

叶野光哉さんに送る雅歌

叶野光哉さんに送る雅歌は

恋しい人はかもしかのよう
若い雄鹿のようです。ごらんなさい、もう家の外に立って
窓からうかがい
格子の外からのぞいています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウバイド啓示

いる町についてこう仰せられる。これを聞く者は聞くことに満足することがない、しかし悪しき者は自分も潤される。穀物を、しまい込んで売らない者はのろわれることをわたしに送ってください。セナケリブが生ける神をそしるために書き送った言葉を載せた新しい車を指揮した。レアもまたその時にかなって語る言葉は、あまねくイスラエルの人々は七月の一日の道のりほど荒野にはいって立った者どもによって、わたしは苦しみに襲われているからです。〔セラ「わが民よ、手をもってヘブロンにいるダビデのもとに携えていって勝利を与えられない。奴隷が夕暮を慕う

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる