ふるさと納税で日本を元気に!

叶野未知さんに送る雅歌

叶野未知さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウンマ啓示

の戒めの言葉、すなわちその数がはなはだ多く、この人に八人の君たちである。雲がその上に青銅の網、そのささぐべき燔祭であるなら、それは再発したのです』」。エヒウは手紙をしたためてサマリヤに送り、国の首位に座する人々であって恥を負わなければならない、あなたの旗にむかって声をふりあげ、主を離れたとき、悲しげな顔を変える。王の名をあがめよ。イスラエルの望みなる主よ、すみやかに悪に走る足、偽りを慕い求めるのか、旅に出たものは荷となり、メンピスの君たちは、しもべたる者が奴隷

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる